top of page

SESSAウェビナー動画を公開しました

投資家に評価される統合報告書の作り方と題し、統合報告書の発行状況の直近のアップデートとガイドラインの紹介。内閣府『知財・無形資産ガバナンスガイドライン』をうまく活用するためのノウハウを内閣府池谷参事官とSessaパートナーズの飯塚にわかりやすくご説明させていただきます。

このガイドラインは企業と投資家、金融機関の思考構造のギャップを埋め、企業の価値、資本・金融市場の力を活かした知財・無形資産への投資資金を獲得できるといった好循環を加速化させることが狙いとなっております。その中で長期戦略の重要性(As is – To beモデル)、知的資本x人的資本(人材版伊藤レポートの併用)、投資家との対話のノウハウ、有効なKPIの設定方法や優れたROICツリーの作成や事例、事業ポートフォリオ戦略について、また来年春にも導入されるイノベーションボックス税制の創設による減税措置を適用する制度についてもご紹介がございます。









2024年3月27日

最新の投稿

2024年6月4日

PCIホールディングス(3918) リサーチカバレッジを開始しました。

レポート詳細はこちら

2024年6月4日

ギークス(7060) リサーチカバレッジを開始しました。

レポート詳細はこちら

2024年5月27日

重要性が増す「ダブルマテリアリティ」(松島憲之​)

1. 統合報告書作成に向けてラストスパート 早くも5月が終わろうとしている。3月決算の会社は決算発表や決算説明会を終え、IR部門はより深い内容について質問に来る投資家への対応などで忙しくしていることだろう。また、6月に開催される株主総会の準備も始まる。...

contact_visual.jpg

お問い合わせ

Contact

電話またはメールでいつでもお気軽にお問い合わせください

bottom of page