© 2018 Sessa Partners Inc.

マネジメント

ご挨拶

2014年のスチュワード・シップ・コードから始まった日本の企業統治改革はGPIFの運用改革、コーポレート・ガバナンス・コードの施行を経てスキームとしての形は出来上がりました。しかし、コーポレート・ガバナンス・コードは罰則のある法令ではなく説明責任を明確にしたガイドラインです。よって、その対応については各社の状況に応じて変わっていきますし、企業の歴史や成長過程に応じて違いがあって当然となります。一方、投資家は運用パフォーマンスを求められるだけでなく投資先企業へのエンゲージメント責任も問われていますので企業の経営内容については厳しい目を向けてることになります。

また、世界の潮流を見れば運用対象の選定に苦しむ海外の機関投資家が中小型株を含めた日本企業にアプローチしてくることは必然で、否が応でも企業と投資家は一定の緊張感を持って対峙する時代になりました。経営者がこの変化を負担増と感ずるか、投資家と真剣な議論を重ね切磋琢磨するチャンスと捉えるかで10年後に確実に大きな差がつくことでしょう。

 

SESSAパートナーズはこのような歴史的変化の中で、企業様にはその業容や成長過程、資本戦略に即したIRプラクティスの提案を行います。一方投資家には市場で進行するガバナンス体制の分析を提供することで両者の均衝点を提示しコミュニケーションのお役に立ちたいと考えています。

 

また、変わりゆく資本市場において我々の持つグローバルな投資家ネットワークをブラッシュアップし、我々自身も市場と切磋(SESSA)琢磨し常に進化して参りたいと考えております。

代表 杉渕均
 
 
マネジメント紹介
杉渕均

代表

​小西俊生

執行役員/リサーチヘッド

欧州系証券会社で日本・アジア株式のリサーチセールスを10年経験。その後2001年よりみずほ証券でアジア地域の株式業務展開を推進。海外駐在歴は15年に及ぶ。通算で500社を超えるIRロードショー等を企画実施。海外機関投資家と長年培った強固なネットワークを有し投資家のエンゲージメント傾向にも習熟している。

英国IR協会検定会員(Certificate in IR)

山一證券、スイス銀証券でアナリストを務めた後に1995年よりシュローダーインベストメントマネジメントで日本株アナリストとして活躍。その後英国有数の運用会社であるポーラーキャピタルで日本株リサーチヘッドとして8年間に渡り、およそ300銘柄の投資判断に関わってきた。長年の外資系運用会社での経験に基づき、機関投資家が知りたい情報を的確に伝えられるレポート作成を心がけている。

まずはお気軽にご相談ください